飽きるまでは続けよう サクリファイス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクリファイス

ミステリ部分はそんなに気にするほどでもない。
ビックリはするけど強引にミスリードを誘ってる処が気に入らない。一部のキャラ造形に違和感有り。
「〇〇はこんなこと言わない!」です。


初めて読んだ自転車小説。こんなニッチジャンルがこんなに面白いとは思わなくて、それ以来いろいろと探しています。


「ヒルクライマー」「男たちは北へ」「銀輪の覇者」と比べて圧倒的に感じられないのは「汗」。
男くささと言っても良いでしょう!前者3作が「真夏の路上」ならサクリファイスは「クーラーの効いたリビング」くらいの温度差。なんでこんなに涼しそうなんだ。

ロードレースを扱ってここまでさっぱりした感じになるのは筆者が「自転車乗りじゃ無い&特に興味無し(執筆前)」からかな。それを知ったときにはビックリしました。スポーツ物って経験者とまではいかなくても興味が無いとねぇ、よくもまぁここまで書けるもんだと。

このアッサリ・サッパリ・スッキリ感が自転車乗り以外が読んでも面白く感じるんでしょうけど。俺もこんなに涼しい感じで山道を疾走したいです・・・。





チカの元カノ、あいつは駄目だ。とんでもねぇ○ッ○だぜ・・・


ぼくに与えられた使命、それは勝利のためにエースに尽くすこと―。陸上選手から自転車競技に転じた白石誓は、プロのロードレースチームに所属し、各地を転戦していた。そしてヨーロッパ遠征中、悲劇に遭遇する。アシストとしてのプライド、ライバルたちとの駆け引き。かつての恋人との再会、胸に刻印された死。青春小説とサスペンスが奇跡的な融合を遂げた!大藪春彦賞受賞作。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter on FC2
プロフィール

hide

Author:hide
四国松山にてのんびりと自転車で遊んでる三十路

ダイエットで始めたのに意外と楽しくてロードまで買ってしまったアリガチな初心者

乗り始め:2011/04

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
白糸の滝TT
1st 2012/06/14 23:43
2nd 2013/03/21 24:01
3rd 2012/06/02 24:11
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。